いきいき音楽科

アメリカ在住音楽家いきくんの発信基地。ジャズを中心に、音楽理論、作編曲、アニソン、音楽哲学まで幅広く惜しみなく情報をシェアしています。

【初心者のための音楽理論講座】3-8「キーとスケール⑧」

お疲れ様です! いきくんです。

今回の記事は「初心者のための音楽理論講座」3-8「キーとスケール⑧」です。

f:id:iki2kun:20190321020739p:plain

前回の記事をまだ読んでいない方はこちら「キーとスケール⑦

(大変大変お待たせしました!)

 

テトラコルド 

以前の記事でメジャースケールは「全全半」「全」「全全半」というように、

「ドレミファ」(繋ぎの全音)「ソラシド」に分けられるということについてチラッと言及していたのですが、ちゃんと覚えていますか?

 

(更新をサボっておいてこの言い草)

 

この「ドレミファ」のような4つの音の組み合わせを「テトラコルド」と言います。

メジャースケールは、「全全半」の関係にあるテトラコルドが2つくっついて成り立っているというわけです。

 

♯系の順番

さて、

「ドレミファ」「ソラシド」はCメジャースケールですが、この「ソラシド」を下に持ってきて、

「ソラシド」「    」でメジャースケールを作るには、どうしたら良いでしょうか?

 

「レミファソ」を「全全半」の音程関係にしなければいけないので……

「レ(全→)ミ(全→)ファ#(半→)ソ」、つまり「ファ」に「#」をつければいいわけです。すると、

 

「ソラシド」「レミファ#ソ」Gメジャースケールの完成です。

 

では、同じように「レミファ#ソ」を下に持ってきて、

「レミファ#ソ」「    」でメジャースケールを作るには、どうしたら良いでしょうか?

 

「ラシドレ」を「全全半」の音程関係にしなければいけないので……「ド」に「#」をつければいいわけですね。

 

「レミファ#ソ」「ラシド#レ」Dメジャースケールの完成です。

 

この作業を繰り返していくと、「#」は「ファ→ド→ソ→レ→ラ→ミ→シ」の順で増え……

#1つ→Gメジャー

#2つ→Dメジャー

#3つ→Aメジャー

#4つ→Eメジャー

#5つ→Bメジャー

#6つ→C#メジャー

#7つ→F#メジャー 

これが、#系のキーの調号がつく順番で、調号#が1つ増えれば完全5度上のキーになります。

 

♭系の順番

今度は先ほどの作業を、

「ドレミファ」「ソラシド」Cメジャースケールの「ドレミファ」を上に持ってきて、

「    」「ドレミファ」について考えてみましょう。

 

「ファソラシ」を「全全半」の関係にしなければいけないので……「ファ(全→)ソ(全→)ラ(半→)シ♭」、つまり「シ」に「♭」をつければいいわけですね。

 

「ファソラシ♭」「ドレミファ」Fメジャースケールの完成です。

 

この作業を繰り返していくと、「♭」は「シ→ミ→ラ→レ→ソ→ド→ファ」の順で増え……

♭1つ→Fメジャー

♭2つ→B♭メジャー

♭3つ→E♭メジャー

♭4つ→A♭メジャー

♭5つ→D♭メジャー

♭6つ→G♭メジャー

♭7つ→C♭メジャー 

これが、♭系のキーの調号がつく順番で、調号♭が1つ増えれば完全5度下のキーになります。

 

調号の秘密

さて、これで調号の#や♭がつく順番や、それに伴う主音の変わり方については分かりました。

よく考えてみると、#は常に元のキーのスケールの4番目に、♭は常に元のキーのスケールの7番目につけていますね。

 

いや、メジャースケールは常に「全全半全全全半」なので、同じ作業をする以上同じところに#♭を付けるのは当たり前なんですが、

実はここに、調性音楽のしくみをより深く理解するための秘密が隠されているのです。

 

その秘密とは……こちら!(ドン)

youtu.be

 

まあ、実はこのブログでも既にこれについて記事を書いてるんですが、是非YouTubeチャンネルを登録して頂きたいので(1000人まで折り返しに突入しました。切実です。)動画版をご紹介することにします(笑)

 

手前味噌で申し訳ないです(汗)

 

まとめ

・調号#は「ファドソレラミシ」の順で増える。#が1つ増えると完全5度上のキーになる。
・調号♭は「シミラレソドファ」の順で増える。♭が1つ増えると完全5度下のキーになる。

 

#♭のつかないCメジャーを境に、完全に逆行しているわけですね。

 

とはいえ、これだけの情報を一気に覚えるのは大変です。次回はこれを分かりやすく視覚的に捉える方法について説明します!

 

【次回】キーとスケール⑨

【前回】キーとスケール⑦

【シリーズ一覧】初心者のための音楽理論講座

 

 

音楽のお話に興味のある方は「いきいき音楽科」の、

YouTubeチャンネル

www.youtube.com

ニコニコミュニティ

com.nicovideo.jp

チャンネル登録&フォローよろしくね!