いきいき音楽科

アメリカ在住音楽家いきくんの発信基地。ジャズを中心に、音楽理論、作編曲、アニソン、音楽哲学まで幅広く惜しみなく情報をシェアしています。

【初心者のための音楽理論講座】3-5「キーとスケール⑤」

お疲れ様です! いきくんです。

今回の記事は「初心者のための音楽理論講座」3-5「キーとスケール⑤」です。

f:id:iki2kun:20190321020739p:plain

前回の記事をまだ読んでいない方はこちら「キーとスケール④

 

「調性」と「主音」

さて、前回までは「メジャースケール(長音階)」や「マイナースケール(短音階)」といった、スケール(音階)について説明してきましたが、

 

今回は「キー」という概念を覚えてもらいます。

 

まずは、こちらを聴いてください。

F(ファ)の音が鳴ったとき、「終わった感じ」「たどり着いた感じ」がするのがわかりますか?

f:id:iki2kun:20190429163249p:plain

 

ためしに、同じメロディで、最後の音を変えてみましょう。

f:id:iki2kun:20190429163546p:plain

 

これだと、ちょっと終われないですよね。

(よくわからなかった方は、もう一度「ファ」で終わるバージョンと聞き比べてみて下さい。 )

 

では、次はためしに別の場所の「ファ」で再生を止めてみましょう。

f:id:iki2kun:20190429164307p:plain

 

さて、もうお分かりだと思いますが、このメロディでは「F(ファ)」の音が「終わった感」を持っているわけです。

 

これは言い方を変えると、「F」の音が引力を持っている状態です。

 

・このように、ある特定の1音が引力を持っている状態を、

調性」がある、と表します。

 

・そして、その調性の中で引力を持つ特定の1音のことを、

主音」と言います。

 

「キー」という考え方

さて、先ほどの例のように、「F」が主音で、全体的に明るい響きを持った曲(メロディ)の場合、

その曲の「キー」は「Fメジャー(ヘ長調)」ということになります。

 

では、「F」が主音で、全体的に暗い響きを持った曲の場合はどうなるでしょう?

答えは「Fマイナー(ヘ短調)」です。

 

「C」が主音で、全体的に明るい響きを持った曲は「Cメジャー(ハ長調)」ですね。

 

「キー」を構成する音

例えば、ある曲が「Cメジャーキー」であるためには、12音から無作為に音を選んでいてはその裏付けがありません。

当然「C」が引力を持つように、そこで使われる音が限定されています。

 

「Cメジャーキー」の場合、「Cメジャースケール」がそのキーを構成する音です。

 

★Cメジャースケール

f:id:iki2kun:20190422234101p:plain

 

「Aマイナーキー」の場合、「Aマイナースケール」がそのキーを構成する音です。

(マイナースケールは3種類あり、どれか1つではなく、全て組み合わせて使うということは、前回勉強しましたね。)

 

★Aナチュラルマイナースケール

f:id:iki2kun:20190424061204p:plain

 

★Aハーモニックマイナースケール

f:id:iki2kun:20190425140121p:plain

 

★Aメロディックマイナースケール

f:id:iki2kun:20190425142420p:plain

 

まとめ

今回は、「キー」という考え方を覚えました。

次回は「キー」の中での、スケールの各音の役割について見ていきますよ!

 

【次回】キーとスケール⑥

【前回】キーとスケール④

【シリーズ一覧】初心者のための音楽理論講座

 

 

音楽のお話に興味のある方は「いきいき音楽科」の、

YouTubeチャンネル

www.youtube.com

ニコニコミュニティ

com.nicovideo.jp

チャンネル登録&フォローよろしくね!