いきいき音楽科

アメリカ在住音楽家いきくんの発信基地。ジャズを中心に、音楽理論、作編曲、アニソン、音楽哲学まで幅広く惜しみなく情報をシェアしています。

【初心者のための音楽理論講座】3-3「キーとスケール③」

お疲れ様です! いきくんです。

今回の記事は「初心者のための音楽理論講座」3-2「キーとスケール③」です。

f:id:iki2kun:20190321020739p:plain

前回の記事をまだ読んでいない方はこちら「キーとスケール②

 

マイナースケール

前回、前々回と、「メジャースケール」というスケールを見てきました。

ものさし上の、「1、2、3、4、5、6、7」がメジャースケールでしたね。

あるいは隣り合う音の関係が「全全半全全全半」という考え方もできます。

 

メジャースケールは明るい雰囲気を持ったスケールですが、今回は、暗い雰囲気を持ったマイナースケールについて見ていきましょう。

(もちろん、「明るい」「暗い」は便宜上の表現です。)

 

コードで考えると、「C」という明るいメジャーコードが、「Cm」という暗いマイナーコードになる場合、その違いはどこにあったでしょうか?

 

★「C」

f:id:iki2kun:20190403200628p:plain

 

★「Cm」

f:id:iki2kun:20190405145637p:plain

 

そう、第三音ですね。 

同じように、スケールの明るい、暗いも、3番目の音がそれを表しています。

 

ものさしを使おう

さて、「ものさし」の登場です。

マイナースケールでは、3番目の音がメジャースケールより半音低くなるということは前述しました。

それに加えて、6番目、7番目の音も半音低くしたものが、マイナースケールの基本の形となります。

 

つまり、「1、2、♭3、4、5、♭6、♭7」ということですね。

f:id:iki2kun:20190322222411p:plain

 

★Cマイナースケール

f:id:iki2kun:20190424054457p:plain

 

・「ド」→「レ」:長2度

・「ド」→「ミ」:短3度

・「ド」→「ファ」:完全4度

・「ド」→「ソ」:完全5度

・「ド」→「ラ」:短6度

・「ド」→「シ」:短7度

・「ド」→「ド」:完全8度(完全1度)

 

ここで、メジャースケールとマイナースケールを聴き比べてみましょう。

 

★Cメジャースケール

 

★Cマイナースケール

 

隣合う音同士の距離

さて、もう一つの考え方もみてみましょう。

f:id:iki2kun:20190424054820p:plain

このように、マイナースケールは隣り合う音同士の距離が、「全半全全半全全」となっています。

 

ところで、この「全半全全半全全」という並び、

3番目の「全半全半全全」から順番に数えてみると、「全半全全全半」になります。

これってメジャースケールでしたよね。

 

逆に言うと、メジャースケール「全全半全全全半」の、

6番目の「全全半全全半」から順番に数えてみると、「全半全全半全全」です。

マイナースケールですね。

 

つまり、出発点が違うだけで、メジャースケールと、今回紹介したマイナースケールは隣り合う音の関係が同じなのです。

 

メジャースケールの6番目から始める

「ド」を出発点にした、「1、2、3、4、5、6、7、1」が、

Cメジャースケール=「ドレミファソラシド」。

f:id:iki2kun:20190322222411p:plain

 

この6番目から始めた「6、7、1、2、3、4、5、6」=「ラシドレミファソラ」は、Aマイナースケール。すなわち、

 

「ラ」を出発点にした、「1、2、♭3、4、5、♭6、♭7、1」と同じです。

f:id:iki2kun:20190424060244p:plain

 

★Aマイナースケール

f:id:iki2kun:20190424061204p:plain


この考え方は今後もまた登場するので、是非覚えておいてください。

 

まとめ

今回は、マイナースケールが、

①ものさし上で「1、2、♭3、4、5、♭6、♭7」である

②隣り合う音同士の関係が「全全半全全全半」である

③メジャースケールを6番目の音から出発するとマイナースケール

(逆にマイナースケールを3番目(♭3)の音から出発するとメジャースケール)

 

ということを覚えました。

 

(注意)③に関しては、「Cメジャースケール」の6番目の音から出発したものは「Aマイナースケール」であり、「Cマイナースケール」ではありません(当たり前ですが、重要なことです)。

 

次回はマイナースケールの変化形について見ていきますよ!

 

【次回】キーとスケール④

【前回】キーとスケール②

【シリーズ一覧】初心者のための音楽理論講座

 

 

音楽のお話に興味のある方は「いきいき音楽科」の、

YouTubeチャンネル

www.youtube.com

ニコニコミュニティ

com.nicovideo.jp

チャンネル登録&フォローよろしくね!