いきいき音楽科

アメリカ在住音楽家いきくんの発信基地。ジャズを中心に、音楽理論、作編曲、アニソン、音楽哲学まで幅広く惜しみなく情報をシェアしています。

【初心者のための音楽理論講座】3-2「キーとスケール②」

お疲れ様です! いきくんです。

今回の記事は「初心者のための音楽理論講座」3-2「キーとスケール②」です。

f:id:iki2kun:20190321020739p:plain

前回の記事をまだ読んでいない方はこちら「キーとスケール①

 

メジャースケール

前回は、「メジャースケール」というスケールを覚えました。

メジャースケールを構成する音は、

f:id:iki2kun:20190322222411p:plain

ものさし上の、「1、2、3、4、5、6、7」にあてはまる音でしたね。

 

★Cメジャースケール 

f:id:iki2kun:20190410180956p:plain

 

つまり、メジャースケールは主音から上に数えると、長音程と完全音程の関係にある音のみで作られているスケールということです。 

 

・「ド」→「レ」:長2度

・「ド」→「ミ」:長3度

・「ド」→「ファ」:完全4度

・「ド」→「ソ」:完全5度

・「ド」→「ラ」:長6度

・「ド」→「シ」:長7度

・「ド」→「ド」:完全8度(完全1度)

 

隣合う音同士の距離

ものさしを使うことで、主音からの距離をもとにメジャースケールの構成音を見つけることが出来るようになりました。

 

ここでは、もう一つの考え方を紹介しましょう。

f:id:iki2kun:20190422234101p:plain

 

このように、メジャースケールは隣り合う音同士の距離が、「全全半全全全半」となっています。

 

・「ド」と「レ」:全音

・「レ」と「ミ」:全音

・「ミ」と「ファ」:半音

・「ファ」と「ソ」:全音

・「ソ」と「ラ」:全音

・「ラ」と「シ」:全音

・「シ」と「ド」:半音

 

「ソ」を主音にして、「全全半全全全半」と音を並べてやっても、やっぱり「Gメジャースケール」になるわけです。

f:id:iki2kun:20190422234434p:plain

 

 

ちょっと難しい話

また、これは後日詳しく説明しますが、例えば「ソラシドレミファ#ソ」の、

「ソラシド」(全全半)と「レミファ#ソ」(全全半)は、どちらも同じ「全全半」という関係になっています。

 

メジャースケールは、「全全半」+「あいだの全音」+「全全半」という考え方も頭の片隅に置いておいてください。

 

まとめ

今回は、メジャースケールがものさし上で「1234567」であると同時に、

隣り合う音同士の関係が「全全半全全全半」ということを覚えました。

 

次回はマイナースケールについて見ていきますよ!

 

【次回】キーとスケール③

【前回】キーとスケール①

【シリーズ一覧】初心者のための音楽理論講座

 

 

音楽のお話に興味のある方は「いきいき音楽科」の、

YouTubeチャンネル

www.youtube.com

ニコニコミュニティ

com.nicovideo.jp

チャンネル登録&フォローよろしくね!