いきいき音楽科

アメリカ在住音楽家いきくんの発信基地。ジャズを中心に、音楽理論、作編曲、アニソン、音楽哲学まで幅広く惜しみなく情報をシェアしています。

【初心者のための音楽理論講座】2-7「コード⑦」

お疲れ様です! いきくんです。

今回の記事は「初心者のための音楽理論講座」2-7「コード⑦」です。

f:id:iki2kun:20190321020739p:plain

前回の記事をまだ読んでいない方はこちら「コード⑥

 

前回までの復習

【トライアド】

メジャー、マイナー、オーギュメント、ディミニッシュ、サスフォー

 

【セブンスコード】

メジャーセブンス、ドミナントセブンス、マイナーメジャーセブンス、マイナーセブンス、オーギュメントメジャーセブンス、オーギュメントセブンス、セブンサスフォー、ハーフディミニッシュ、ディミニッシュセブンス

 

と、これだけの種類のコードタイプを覚えたわけですが、

「いやいや膨大過ぎやろ、こんなん初心者には覚えられんわ!」

と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

もちろん、

 

①まずもととなるトライアドを覚える

②7th音は基本ルールに則って乗せるだけ。ディミニッシュは例外。

 

という2点を抑えておけば、そこまで難しいものでもないとは思いますが、

今回はもっと考えやすくなるように、コードネームのそもそものしくみについてお話ししたいと思います。

 

はじめに

誤解のないようはじめに補足しておくと、

コードネームは本来「トライアド+7th音+その他の指定(5thの#♭、テンションなど)」で考えます。

前回説明した通りですね。

 

今回ご紹介する考え方は、「それをさらに分解して構造を考えてみると、こうなっているよね」ということです。

混乱しないように注意して下さい。

 

コードネームのしくみ

f:id:iki2kun:20190409103414p:plain

どーん!

ということで、実はコードネームのしくみはこのように考えることができるのです。

 

ルート音

ルートになる音を英語音名で記します。

f:id:iki2kun:20190409103743p:plain

 

3rdに関する指定

メジャーか、マイナーかを指定します。

「ものさし」でいうと、「3」か「♭3」か、ということですね。

f:id:iki2kun:20190322222411p:plain

 

・メジャーの場合は、何も書きません。

f:id:iki2kun:20190409103743p:plain

 

・マイナーの場合は、「m」か「ー」と書きます。

f:id:iki2kun:20190409105117p:plain

 

・もととなるトライアドがオーギュメント、ディミニッシュの場合はこの時点で「aug(+)」「dim(○)」と記して、3rdがメジャーかマイナーかと同時に、5thの#♭まで指定してしまうこともできます。

 

(また、5thについては後述しますが、指定しない場合は自動的に完全5度なので、この時点でトライアドは完成します。)

 

7thに関する指定

メジャーセブンスか、セブンスか指定します。

「ものさし」でいうと、「7」か「♭7」か、ということですね。

 

・何も書かなければ、トライアドということになります。

 

・メジャーセブンスの場合は、「Maj7」や「△7」や「M7」と書きます。

【3rdがメジャーのとき】

f:id:iki2kun:20190409105343p:plain

 

【3rdがマイナーのとき】

f:id:iki2kun:20190409105422p:plain

 

・セブンスの場合は、「7」と書きます。

【3rdがメジャーのとき】

f:id:iki2kun:20190409105641p:plain

 

【3rdがマイナーのとき】

f:id:iki2kun:20190409105657p:plain

 

なお、次回の内容ですが、「シックス」の場合もここで指定します。

 

また、「ディミニッシュ」系のコードの例外はここでも適用されますので、

「ディミニッシュセブンス(Xdim7:1、♭3、♭5、♭♭7)」「ハーフディミニッシュ(XΦ:1、♭3、♭5、♭7)」だけは、個別に覚えておいてください。

 

(ただし、実は例外ではないという考え方も出来るのですが、それはこのシリーズとは別で1記事書く予定です。)

 

5thに関する指定

①コードネームに「aug(=#5)」や「dim(=♭5)」を用いた場合は、この枠に何も書かなくてもそのままそれが適用されます。

 

②それ以外の場合、この枠に何も書かなければ自動的に「完全5度」、ものさし上の「5」の音が5thとなります。

 

③ここで改めて5thの音の「#5」や「♭5」を指定することもできます。

(例)

f:id:iki2kun:20190409111103p:plainCMaj7#5は、CaugMaj7と同じコードですね。どちらの書き方でも同じ意味になります。

コードネームのしくみが分かっていれば簡単に判断できるようになりますよね。

 

(例2)

f:id:iki2kun:20190409111133p:plain

Cm7♭5はCΦ(ハーフディミニッシュ)と同じコードですね。

これは頻出するコードなので、同じということをちゃんと覚えておいてください。

 

その他の指定

今後勉強する「テンション」など、その他の指定をコードネームに付け加えることもできます。

テンションについては、その項目で改めて説明します。

 

他には、「sus4」の「3度をつり上げます」という指定が「その他の指定」です。

 

たとえば、

f:id:iki2kun:20190409103743p:plain

ルート:C

3rd:空欄=長3度

7th:空欄=なし(トライアド)

5th:空欄=完全5度

 

→よって、コードネーム「C」、コードトーン「ド、ミ、ソ」

 

という状態に対して、「sus4」と書き加えれば3度を半音上げることが指定され、

 

→コードネーム「Csus4」、コードトーン「ド、ファ、ソ」

 

となります。

 

まとめ

コードネームのしくみはお分かりいただけましたでしょうか?

セブンスコードまでは、このしくみが分かっていればカンペキです。

 

 

なお、混乱してしまった人は、「空欄にも意味がある」ということを前提に、はじめの補足からもう一度記事を読み直してみて下さい。

 

次回は、「シックスコード」と、コードの「転回」について説明します!

 

【次回】2-8「コード⑧」

【前回】2-6「コード⑥」

【シリーズ一覧】初心者のための音楽理論講座

 

音楽のお話に興味のある方は「いきいき音楽科」の、

YouTubeチャンネル

www.youtube.com

ニコニコミュニティ

com.nicovideo.jp

チャンネル登録&フォローよろしくね!