いきいき音楽科

アメリカ在住音楽家いきくんの発信基地。ジャズを中心に、音楽理論、作編曲、アニソン、音楽哲学まで幅広く惜しみなく情報をシェアしています。

【初心者のための音楽理論講座】2-6「コード⑥」

お疲れ様です! いきくんです。

今回の記事は「初心者のための音楽理論講座」2-6「コード⑥」です。

f:id:iki2kun:20190321020739p:plain

前回の記事をまだ読んでいない方はこちら「コード⑤

 

前回の復習

f:id:iki2kun:20190322222343p:plain

前回は、

 

・オーギュメント:1、3、#5

・ディミニッシュ:1、♭3、♭5

・サスフォー:1、4、5

 

という3種類のトライアドを覚えました。

 

セブンスの基本ルール

メジャー、マイナーを基にしたセブンスコードの説明回では、

ものさし上の「7」「♭7」にあたる音を、それぞれ「Maj7」「7」としてトライアドに乗せることで、セブンスコードを考えることが出来ると言いました。

 

これが基本ルールとなります。

 

オーギュメントの場合

この基本ルールがそのまま適用されます。

 

・「Caug」+「Maj7」:CaugMaj7

(シーオーギュメントメジャーセブンス)

1、3、#5、7

f:id:iki2kun:20190408142101p:plain

実際にはCMaj7#5という言い方をすることが多いです。詳しくは次回。

 

 

・「Caug」+「7」:Caug7

(シーオーギュメントセブンス)

1、3、#5、♭7

f:id:iki2kun:20190408141815p:plain

Caug7もよく使うコードネームですが、C7#5という言い方も多いです。これも詳しくは次回。

 

サスフォーの場合

先にサスフォーについて見てみましょう。

 

基本ルールを適用可能ですが、「サスフォー」に「Maj7」を乗せたものはあまり一般的なコードとは言えません(ただし面白い使い方は出来ます)。

詳しいことは後の回で説明しますので、ここでは「7」を乗せたもののみ覚えておいてください。

 

・「Csus4」+「7」:C7sus4

(シーセブンサスフォー)

f:id:iki2kun:20190408142438p:plain

1、4、5、♭7

 

ただし、サスフォーコードの場合、理論上は考え方が逆になります。

 

・「Csus4」+「7」

・「C7」の3rdがつりあがって4thになる

 

そのため、呼び方が「Csus47」ではなく「C7sus4」になるわけです。

また、「C7sus」と「4」を取って表記することもよくあります。

 

ディミニッシュの場合

唯一、基本ルールが適応されない例外として覚えておいてください。

 

・「Cdim」+「♭7」:Cm7♭5

(シーマイナーセブンスフラットファイブ)

1、♭3、♭5、♭7

f:id:iki2kun:20190408142824p:plain

別名「CΦ」(シーハーフディミニッシュ)

 

今までのルールでいくと「Cdim7」となりそうなところですが、このコードは「Cm7♭5」と呼ばれます。

 

「Cm7」と見比べたときに、5thが半音下がっていますよね。 

f:id:iki2kun:20190408143000p:plain

別名の「ハーフディミニッシュ」もよく使われるので覚えて置きましょう。

 

 

・「Cdim」+「dim7」:Cdim7

(シーディミニッシュセブンス)

1、♭3、♭5、♭♭7(=6)

f:id:iki2kun:20190408143109p:plain

もちろん、厳密には「ド、ミ、ソ、シ♭♭(ダブルフラット)」表記が正確です。

理論上、「7th」はあくまで「7th」であり、「6th」ではありませんからね。

ただし、ポピュラー系の楽譜では、異名同音はある程度の合理性を守りながらも、わかりやすさを優先して柔軟に書き換えるのが普通です。

 

f:id:iki2kun:20190322222411p:plain

「Cdim7」は、「Cdim」に「dim7(=♭♭7)」すなわち、ものさし上の「♭7」のさらに半音下にあたる音、メモリでは「6」の音が乗ったものです。

 

これによって、全てのコードトーンの幅が短3度

1オクターブをちょうど4分割しているので、オーギュメントトライアドと同じ要領で、ディミニッシュセブンスコードはこの世界に3つしかないことになります。

f:id:iki2kun:20190408143614p:plain

 

ディミニッシュトライアド由来のセブンスコードだけは、基本ルールに従わない例外的なものとして覚えておきましょう。

具体的な理由は、もう少し発展的な記事としてまた後日ブログで取り上げますね!

 

まとめ

ちょっと例外が多くてややこしかったですね。

ですが、今回はひとまず、

 

・オーギュメントメジャーセブンス:1、3、#5、7

・オーギュメントセブンス:1、3、#5、♭7

・セブンサスフォー:1、4、5、♭7

・ハーフディミニッシュ:1、♭3、♭5、♭7

・ディミニッシュセブンス:1、♭3、♭5、♭♭7(=6)

 

という5種類のセブンスコードを覚えていればOKです。

 

次回は、こうして増えてきたコードの種類をいちいち暗記しなくてもいいように、コードネームのそもそもの仕組みのお話をします。

楽しみにお待ちください!

 

 

【次回】2-7「コード⑦」

【前回】2-5「コード⑤」

【シリーズ一覧】初心者のための音楽理論講座

 

音楽のお話に興味のある方は「いきいき音楽科」の、

YouTubeチャンネル

www.youtube.com

ニコニコミュニティ

com.nicovideo.jp

チャンネル登録&フォローよろしくね!