いきいき音楽科

アメリカ在住音楽家いきくんの発信基地。ジャズを中心に、音楽理論、作編曲、アニソン、音楽哲学まで幅広く惜しみなく情報をシェアしています。

【初心者のための音楽理論講座】2-3「コード③」

お疲れ様です! いきくんです。

今回の記事は「初心者のための音楽理論講座」2-3「コード③」です。

f:id:iki2kun:20190321020739p:plain

前回の記事をまだ読んでいない方はこちら「コード②

 

メジャートライアド

今回覚えるのは「メジャートライアド」と「マイナートライアド」の2つです。

最も一般的な、西洋音楽の基本となるコードですね。

 

前回やった通り、トライアドは3つの構成音からなるコードです。

そして、音楽において「メジャー」は「明るい」、「マイナー」は「暗い」を意味することが多いです。

 

すなわち、「メジャートライアド」は「3つの構成音からなる明るいコード」ということです(長三和音)。

 

こんな響きですね。

f:id:iki2kun:20190403200628p:plain

 

メジャートライアドのコードトーン

メジャートライアドのコードトーンは、

 

・ルート

・3rd=ルートから長3度上の音

・5th=ルートから完全5度上の音

 

です。

 

メジャートライアドのコードネーム

メジャートライアドのコードネームの表記は超シンプル。 

ルートの音を英語音名で書くだけです。

 

これだけで、Cメジャートライアドという意味!

読み方は「シー」や「シーメジャー」が一般的です。

 

(たまにC△という表記をすることもあります。この場合は△が「メジャー」を表しています。)

 

「ものさし」を使おう

さて、ここで「インターバル」の時に使った「ものさし」に登場してもらいましょう。

f:id:iki2kun:20190322222343p:plain


「ド」をルートに持つメジャートライアド、つまり「C」というコードのコードトーンを考えてみましょう。

 

メジャートライアドは、「ルート」、「3rd=ルートから長3度」、「5th=ルートから完全5度」ですから、

ものさしのメモリに置き換えると「1、3、5」ということになります。

 

f:id:iki2kun:20190322222411p:plain

 

はい、見ての通り、「ド、ミ、ソ」ですね。

 

では、「G」というコードのコードトーンはどうなるでしょうか?

f:id:iki2kun:20190327222701p:plain

 

ソ、シ、レ」ですね。ものさし便利!

 

メジャートライアドは、1、3、5

 

マイナートライアド

マイナートライアドは、3つの構成音からなる暗いコードです(短三和音)。

 

(もちろん、「明るい」「暗い」は便宜上の表現です。人それぞれの感じ方があっていいと思います。)

 

こんな響きですね。

f:id:iki2kun:20190405145637p:plain

 

マイナートライアドのコードトーン

マイナートライアドのコードトーンは、

 

・ルート

・3rd=ルートから短3度上の音

・5th=ルートから完全5度上の音

 

です。

 

ルートと5thはメジャートライアドと同じ。3rdが半音下がっているわけですね。

 

マイナートライアドのコードネーム

ルートの音を英語音名で書き、その右横に小文字の「m」をつけます。

 

Cm

これで、Cマイナートライアドという意味!

読み方は「シーマイナー」です。

 

小文字の「m」の代わりに、マイナス記号「ー」で表記することもあります。

 

C-

これでも、同じくCマイナートライアドという意味です。

「m」や「ー」が「3rdがマイナーだよ」ということを表しているわけです。

 

「ものさし」を使おう

「Cm」のコードトーンを考えてみましょう。

 

マイナートライアドは、「ルート」、「3rd=ルートから短3度」、「5th=ルートから完全5度」ですから、

ものさしのメモリに置き換えると「1、♭3、5」ということになります。

 

f:id:iki2kun:20190322222411p:plain

 

ド、ミ♭、ソ」ですね。

 

では、「Gm」のコードトーンはどうなるでしょうか?

 

f:id:iki2kun:20190327222701p:plain

 

ソ、シ♭、レ」ですね。ものさし超便利!

 

マイナートライアドは、1、♭3、5

 

まとめ

・メジャートライアドは1,3,5

・マイナートライアドは1,♭3,5

・それぞれのコードネームの表記方法と読み方

 

以上のことが分かっていれば、今回はOKです!

次回はさらにコードトーンをもう1音加えた、セブンスコード(四和音)について見ていきましょう!

 

【次回】2-4「コード④」

【前回】2-2「コード②」

【シリーズ一覧】初心者のための音楽理論講座

 

音楽のお話に興味のある方は「いきいき音楽科」の、

YouTubeチャンネル

www.youtube.com

ニコニコミュニティ

com.nicovideo.jp

チャンネル登録&フォローよろしくね!