いきいき音楽科

アメリカ在住音楽家いきくんの発信基地。ジャズを中心に、音楽理論、作編曲、アニソン、音楽哲学まで幅広く惜しみなく情報をシェアしています。

【初心者のための音楽理論講座】2-1「コード①」

お疲れ様です! いきくんです。

今回の記事は「初心者のための音楽理論講座」2-1「コード①」です。

f:id:iki2kun:20190321020739p:plain

前回の記事をまだ読んでいない方はこちら「第一回、確認テスト

 

コードとは

第1回「インターバル」の内容は理解出来ましたか?

今回から第2回「コード」のお話しに入っていきましょう。

 

コードとは、いくつかの音を重ねたものです。

 

たとえば、これは「ド」という単音。

 

これは、「ド」と「ミ」と「ソ」を重ねたもの。

★コード①

 

一方、こちらは「ド」と「ミ♭」と「ソ」を重ねたもの。

★コード②

 

コードトーン

「コード①」は「ド、ミ、ソ」、「コード②」は「ド、ミ♭、ソ」という音を重ねたものでした。

 

このようにコードを構成する音(構成音)のことを、コードトーンと言います。

 

コードネームとコードタイプ

「コード①」と「コード②」では響きのキャラクターが違いますよね。

前者は明るい響き、後者は暗い響きに聞こえると思います。

 

この響きは、コードトーン同士のインターバルの関係によって決まります。

 

(インターバルが分からない人はこちら!)

www.iki2music.work

 

この響きについて、明るいコードは「メジャー」、暗いコードは「マイナー」というように種類分けしたものを、コードの種類=コードタイプと言います。

具体的なコードタイプは次回から覚えていきましょう。

 

そして、明るいコードタイプ(メジャー)の、「ド、ミ、ソ」というコードの名前は「C」。

というように、個別のコードに名前をつけてやったものが「コードネーム」です。

楽譜にコードを記す際、基本的にはこのコードネームが使われます。

f:id:iki2kun:20190403200628p:plain
 

コード進行とは

「コード」が音を縦に重ねて、なんらかの響きを作った状態だとしたら、

その「縦の響き」の「横の流れ」がコード進行です。 

f:id:iki2kun:20190326054204p:plain

 

一般的な曲は、このコード進行上に、合ったメロディを乗せることで成り立っています。

 

まとめ

コード=いくつかの音を重ねたもの(和音)。

コードトーン=コードの構成音。

コードタイプ=「メジャー」「マイナー」など、コードの種類。

コードネーム=個別のコードの名前。

コード進行=いくつかのコードを横に並べたもの。

 

はい、「コード」という言葉がゲシュタルト崩壊しそうですね。

専門用語は、実際に使っていくことで少しずつ慣れていきましょう。

 

次回は、コードの種類を見ていきますよ!

 

【次回】2-2「コード②」

【前回】第一回、確認テスト

【シリーズ一覧】初心者のための音楽理論講座

 

音楽のお話に興味のある方は「いきいき音楽科」の、

YouTubeチャンネル

www.youtube.com

ニコニコミュニティ

com.nicovideo.jp

チャンネル登録&フォローよろしくね!