いきいき音楽科

アメリカ在住音楽家いきくんの発信基地。ジャズを中心に、音楽理論、作編曲、アニソン、音楽哲学まで幅広く惜しみなく情報をシェアしています。

【初心者のための音楽理論講座】1-3「インターバル③」

お疲れ様です! いきくんです。

今回の記事は「初心者のための音楽理論講座」1-3「インターバル③」です。

f:id:iki2kun:20190321020739p:plain

前回の記事をまだ読んでいない方はこちら「インターバル②

 

まずは大きく2つに分ける

前回は度数の数え方までやりましたね。

でも、数字だけだと「ド」から「ミ」も3度、「ド」から「ミ♭」も3度。

これじゃ区別がつかないよ!

 

ということで、今回はインターバルを「種類分け」していきましょう。

「ものさし」に、ちょっと書き加えてみます。

 

f:id:iki2kun:20190323082333p:plain

 

はい、緑枠の数字のうち、2、3、6、7を丸で囲ってみました。

これが、インターバルを種類分けする第一歩です。

 

・丸で囲っていない1、4、5は「完全系音程

・丸で囲った2、3、6、7は「長短系音程

 

です。

 

1、4、5=完全系音程/2、3、6、7=長短系音程

 

それでは、ここからちょっと覚えることが出てきます。

心してかかりましょう!(笑)

 

完全系音程  

1度、4度、5度の完全系音程を、さらに細かく種類分けしましょう。

f:id:iki2kun:20190323082333p:plain

 

①完全系音程のうち、緑枠にくるものは「完全音程」となります。

・「ド」から「ド」は「完全1度」(同じ音)

・「ド」から「ファ」は「完全4度」

・「ド」から「ソ」は「完全5度」

 

②完全音程は、半音広くなると「増音程」(赤枠)に、半音狭くなると「減音程」(青枠)になります。

・「ド」から「ド#」は「増1度」

・「ド」から「ファ#」は「増4度」、「ド」から「ソ♭」は「減5度」

・「ド」から「ソ#」は「増5度」

 

【疑問1】「減4度」はないの?

このものさし上では「減4度」は存在しませんね。「完全4度」のひとつ下は、緑枠の「3度」になっています。

もちろん「ファ♭」という表記をしたなら「減4度」と呼ぶのが理論的には正しいです。ただ、現実的にはあまり出てこない考え方です。

 

【疑問2】「#5」と「♭6」は同じ音なのに、違う種類のインターバルになるの?

そうです。「ド」から「ソ#」も、「ド」から「ラ♭」も、音の幅は同じですね。

ですが、「5度が半音広がった」と考えれば「完全系音程」になりますし、「6度が半音狭くなった」と考えれば「長短系音程」になります。

「#1」と「♭2」についても同じことが言えます。

 

【疑問3】「減1度」はないの?

ここ重要です。インターバルは「音と音の間の幅」でしたよね。

今回の説明で「半音上がる」「半音下がる」ではなくて、「半音広くなる」「半音狭くなる」と書いていることに注目してください。

完全1度は「ド」と「ド」で全く同じ音です。幅がこれより狭くなることはあり得ませんよね。

 

(仮に「ド」から半音下がった「ド♭(=シ)」を想定した場合、幅は広がっていますから、「増1度」ということになります。)

 

この「ものさし」の#や♭に騙されないでください。ものさしは幅を測るものです。

 

ここまでは大丈夫でしょうか?

・1度、4度、5度は完全系音程。
・緑枠にくる音は「完全音程」
・完全音程は、半音広くなると「増音程」、半音狭くなると「減音程」

 

長短系音程

続いて、2度、3度、6度、7度の長短系音程を、さらに細かく種類分けしましょう。

f:id:iki2kun:20190323082333p:plain

 

①長短系音程のうち、緑枠にくるものは「長音程」となります。

・「ド」から「レ」は「長2度」

・「ド」から「ミ」は「長3度」

・「ド」から「ラ」は「長6度」

・「ド」から「シ」は「長7度」

 

②長音程が半音狭くなると「短音程」(青枠)となります。

・「ド」から「レ♭」は「短2度」

・「ド」から「ミ♭」は「短3度」

・「ド」から「ラ♭」は「短6度」

・「ド」から「シ♭」は「短7度」

 

さて、次からがちょっとやっかいです。

 

③長音程が半音広くなると「増音程」(赤枠)となります。

・「ド」から「レ#」は「増2度」

・「ド」から「ラ#」は「増6度」

  

④ものさし上には存在しませんが、短音程から半音狭くなると「減音程」です。

・例えば、「ド」から「ミ♭♭(ダブルフラット)」は「減3度」です。が、現実的にはあまり使わない考え方です。

 

以下の疑問は完全系音程のときと同じですが、一応確認しておきましょう。

 

【疑問1】「増3度」はないの?

もちろん「増3度」もありえます。「完全4度」の「ファ」を「ミ#」と呼べば「増3度」になりますが、現実的にはあまりないです。「増7度」についても同じです。

 

【疑問2】「増2度」と「短3度」は同じインターバルなのに、呼び方が違うの?

そうです。「レ#」か「ミ♭」どちらの呼び方で度数を数えたかによって表記が変わります。

 

・2度、3度、6度、7度は長短系音程。
・緑枠にくる音は「長音程」
・長音程は、半音狭くなると「短音程」、半音広くなると「増音程」
・短音程がさらに半音狭くなると「減音程」

 

まとめ

少しややこしかったですかね。

ただ、実際に必要な情報は全てものさし上にあります

 

この記事の内容を、納得できるまでものさしと見比べてやると、インターバルのことがクリアーに理解できると思います。

 

今回は「完全音程」「長音程」「短音程」「増音程」「減音程」という5種類のインターバルを覚えましたが、この関係性を超絶わかりやすく図にまとめてみました。

でん!

f:id:iki2kun:20190324071608p:plain

 

次回は今回の内容をさらに整理して、実際に音を鳴らしながら復習と補足をしていきますよ!

 

ものさしの「1」に「ド」以外の音を入れて、いろいろなインターバルを確認しておいてください。宿題です

 

(例)「1」に「ソ」を入れると……「ソ」から「ド」は「完全4度」、「ソ」から「ミ♭」は「短6度」etc.

 

【次回】1-4「インターバル④」

【前回】1-2「インターバル②」

【シリーズ一覧】初心者のための音楽理論講座

 

音楽のお話に興味のある方は「いきいき音楽科」の、

YouTubeチャンネル

www.youtube.com

ニコニコミュニティ

com.nicovideo.jp

チャンネル登録&フォローよろしくね!