いきいき音楽科

アメリカ在住音楽家いきくんの発信基地。ジャズを中心に、音楽理論、作編曲、アニソン、音楽哲学まで幅広く惜しみなく情報をシェアしています。

【初心者のための音楽理論講座】1-2「インターバル②」

お疲れ様です! いきくんです。

今回の記事は「初心者のための音楽理論講座」1-2「インターバル②」です。

f:id:iki2kun:20190321020739p:plain

前回の記事をまだ読んでいない方はこちら「インターバル①

 

度数の数え方(緑枠)

f:id:iki2kun:20190322222411p:plain

さてさて、前回はこんな「ものさし」を提示するところまでやりましたね。

「1」の部分に色々な音を入れて眺めてみる、という宿題はやって来ましたか?(笑)

 

音と音の間のインターバルは「」という単位で表します。

その度数の数え方の基本は、このものさし通りです。

 

緑枠に関しては問題ありませんね。

「ド」から「レ」は2度。「ド」から「ミ」は3度。といった具合です。

 

【注意点】

①このものさしは、「1」に入れた音を出発点にして、上に度数を数えています。

・このものさしの「ド」から「ミ」は上に3度です。

・このものさしの「ミ」から「ド」は下に3度です。

(もっと言うと、この「ド」と「ミ」の間の幅そのものが「3度」です。)

 

②このものさしはあくまで「1」に入れた音を出発点にする前提で作られています。

慣れてくると、このものさしの途中の「ミ」から「ソ」が3度、みたいなことも分かるようになります。

ただし、初めのうちは、「ミ」と「ソ」のインターバルを測りたい場合、素直に「1」に「ミ」を入れて考えましょう

 

この2つの注意点が結構大事です。頭に入れておきましょう。

 

度数の数え方(青枠・赤枠)

f:id:iki2kun:20190322222411p:plain

続いて赤枠青枠です。

まずは「度数」の数字の部分だけ考えましょう。

#や♭と関係なく、そのままこのものさしの数字だけを読んでください。

 

「ド」から「レ#」であれば2度。「ド」から「ミ♭」であれば3度です。

同じ音でも、数え方が変わるんですね。

 

(余談ですが・・・)

この世界には、「レ#」と「ミ♭」で微妙にピッチを変える音楽もあります。

ですが現代において、これらの音はピアノの鍵盤上では同じ音になりますよね(平均律)。

 

ポピュラー音楽は基本的に平均律で作られていますので、「レ#」と「ミ♭」は「異名同音」として扱われます。

異名同音をどちらで呼ぶかは、楽譜上や理論上の違いでしかなくて、実際に鳴る音は同じということです。

 

まとめ

ここまでは大丈夫でしょうか?

ものさし上の数字で、度数は一発でわかりますよね。簡単ですね。

 

とはいっても、「ド」から「ミ」と、「ド」から「ミ♭」のインターバルは実際には違うわけですよね。

だけど、度数で言うとどちらも「3度」。これだと区別がつきません。

 

お気づきの通り、インターバルはここからさらに「種類分け」してやる必要があります。

ただ、今回はここまでです。あまり詰め込んでもしょうがないですからね。

 

ものさしを使って2つの音のインターバルを、数字(度数)を使って言い表せるようになること

 

今回は、まずそれが出来ればOKです。

「1」に「ド」以外の音を入れて、度数をいろいろ数えてみて下さい。宿題です

 

(例)「1」を「ソ」にしたら、「ド」との間のインターバルは4度。「ミ♭」との間のインターバルは6度・・・

 

 というわけで、次回の更新を楽しみにお待ちください!

 

【次回】1-3「インターバル③」

【前回】1-1「インターバル①」

【シリーズ一覧】初心者のための音楽理論講座

 

音楽のお話に興味のある方は「いきいき音楽科」の、

YouTubeチャンネル

www.youtube.com

ニコニコミュニティ

com.nicovideo.jp

チャンネル登録&フォローよろしくね!