いきいき音楽科

アメリカ在住音楽家いきくんの発信基地。ジャズを中心に、音楽理論、作編曲、アニソン、音楽哲学まで幅広く惜しみなく情報をシェアしています。

「檄!帝国華撃団」(ゲキテイ)のイントロのコード進行を解説します

お疲れ様です! いきくんです。

今回は、この前のニコ生でリクエストを頂いた、サクラ大戦のOP「檄!帝国華撃団」、通称ゲキテイのイントロを分析していきます。

 

ゲキテイ

www.youtube.com

イントロと言っても、今回分析するのは、はっきりとビートが提示される「Em」より前の部分です。

 

★G/C→E♭/F→F/B♭→G/A→A/D→F/G

 

まずはここまで。

さてさて、「何事!?」と思った人も多いとは思いますが、今回もいつものようにポイントを2つに分けて解説します。

 

①そもそもこのコード進行はどうやって現れたのか

②このコード進行がなぜゲキテイのイントロとして作用するのか

 

①このコード進行はどうやって現れたのか

まず、「シソラシド#ラー」というメロディを用意します。

f:id:iki2kun:20190423154509p:plain

※まさかのツッコミが入ったので念のため書きますが、付点8分音符の連桁はわざとですよ(笑)


このメロディがそもそもどこから来るのかは後述しますが、和声を学ばれている方は、恐らくホールトーン(メシアンモードの1番)と解釈されるでしょう。

いずれにせよ、ホールトーンのニュアンスも聞こえるので正しい解釈です。

 

ただし、これをゲキテイに連結させていることを、「センス」「聴感上のもの」とばっさり表現してしまうのは、いささか言葉足らずです。

これについては後の項目で説明します。

 

分子のコード

さて、このホールトーン的なメロディの各音が、全てメジャートライアドの第三音であると設定すると、分子のコードが生まれます。

f:id:iki2kun:20190423155440p:plain

 

、このように、単音のトップノート(メロディ)をあらかじめ作ってから、その各音をハーモナイズしていく手法は、現代のジャズでもよく見られる作曲技法です。

 

(補足)

・もとの単音のメロディは、今回のようにホールトーンなど由来がある場合もあれば、完全にランダム(感覚)で作る場合もあります。

 

・通常の機能和声の枠組みでメロディを作り、その各音をハーモナイズしなおす(リハモ的に)という手法もあります。

 

・上述のことをベースラインをもとに行うこともよくあります(ハーモナイズドベースライン)。

 

 

、今回のように、一定の法則に基づいて、同じタイプのコードを連続させる手法はコンスタントストラクチャーと呼ばれています。

 

(補足)

・コンスタントストラクチャーは、僕の母校であるバークリー音楽大学が一応体系的にテキスト化していますが、定義が曖昧な部分もあります(そもそも「技法」であり、「理論」として縛るものでは無いため)。

 

・実例としては、ビルエヴァンスのオリジナル「Walkin' Up」を参照。

www.youtube.com

 

ベースライン

続いてベースラインです。

G→E♭→F→G→A→Fという各コードの、

1、3、5番目のコードはルートの完全4度上の音

2、4、6番目のコードはルートの長2度上の音

と交互にベース音を決めています。

 

f:id:iki2kun:20190423160135p:plain

 

個別の分数コードに関しては、

 

・メジャートライアド/完全4度ベース=メジャーナインスの不完全な形

・メジャートライアド/長2度ベース=サスフォーナインス(またはアドナインスの転回形)

 

と理論的に解釈することが出来ますが、今回はそこまで重要ではありません。

各コードが縦の響きで見てもクラッシュしていない、ということだけ分かれば大丈夫です。

 

(なお、分子は同じトライアドであっても、奇数番目、偶数番目でベース音が変わるようズラしてありますから、やはり「感覚だけ」で作ったものではなく、もとの単音のメロディの時点でここまで見据えていたと予想できます。)

 

②なぜこのコード進行なのか

さて、これについては、先ほどのベースラインに機能和声の枠組みで解釈を与えることから始めましょう。

 

独立したベースラインの解釈

一見すると、極めて数学的に生み出されたようなこのC→F→B♭→A→D→Gというベースラインですが、 一例としては、

f:id:iki2kun:20190423160715p:plain

 

というコードを想定すると、Gメジャーキーの機能の範囲内で説明可能なベースラインであることが分かります。

(F7はモーダルインターチェンジ、もしくは単純にB♭の5度上、B♭7はセカンダリードミナントの裏コードです。)

 

そして、Gメジャーで説明できるコード進行ということは、平行短調であるEマイナーから見ても仲間のコード進行ということになります。

 

つまり、このベースラインは偶然生まれたもののように見えますが、

実際にはこの曲のイントロ、Aメロのキーである「Eマイナー」とちゃんと結びついているものなのです。

 

実はメロディも

さて、メロディの「シソラシド#ラ」は、ホールトーン由来と考えるのが恐らく一般的です。

基本的には、ホールトーンという独立した音階がもとになっている、と単純に考えるだけでも問題ないでしょう。

 

例えば、ペアレントキーから「Gホールトーンスケール」が設定されていると言うことも出来ます。

f:id:iki2kun:20190423154838p:plain

 

あるいは理屈的には、「Em」に対して、仮に大きな「B7」を想定しても、このように同じスケールである「Bホールトーンスケール」を設定することが出来ます。 

f:id:iki2kun:20190423171757p:plain

 

ペアレントキー由来、大きなドミナント由来、どちらで考えても同じスケールにたどり着きます。

 

一方、実はGリディアンのニュアンスも聞こえます。

 

ここは詳しく説明しないと誤解がありそうですね。

 

メジャートライアドをコンスタントに後付けしていることを根拠に「リディアンよりホールトーンが適切である」とすることも納得できますが、

もとのトップノートのみに注目すると、Eメロディックマイナーを想定することも理に適っています(当然リレイティブモードで大きな「B7」という意味にもなります)。

 

ですが、このイントロはサウンドとしては、どちらかと言えばメジャー系です。

理屈上のEメロディックマイナーを「ナチュラル6を含むEマイナー」と言い換えると、Eドリアン=Gリディアン(モードスケールの名前を使っているのは便宜上のものです。語弊のある言い方ですみません!)が想定可能だということも、その後Eマイナーに連結するイントロとしては、切り捨ててはいけないと考えます。

 

ちょっと理屈っぽく余計な話をしましたが、重要なのは一点。

要するに、このイントロは、ベースラインとメロディ(トップノート)がいずれもEマイナーキーと関連付けられるものなのです。

 

あとはここからCsus/A(アプローチ)→Dsus/B(GからEmに進める)で、ゴリゴリのEマイナーイントロに連結してやるだけですね。

 

間違いなく計算されています

先ほど、「分子は奇数番目、偶数番目でベース音が変わるようズラしてある」と言いましたが、

それに加えて「強進行で3つ」→繋ぎの半音→「強進行で3つ」というベースの動きは間違いなく意図的に作られてます。

 

また、分子のコードは「2、2、2」 、ベースは「3、3」のグルーピングが可能ですね。

これも狙ってやっているはずです。

 

このベースの「3、3」のグルーピングによって、「C→F→B♭」「A→D→G」「A→B→E」と、解決ポイントが短3度下降して「Em」にたどり着くという動きが作られています。

これも非常に重要なポイントです。

 

このコード進行は偶然生まれたものではなく、過程と完成形のバランスをとりながら計算されて作られたものだと考えられます(コンスタントストラクチャーとは元来そういうものです)。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか? ざっくりまとめると、

 

①このコード進行はトップノート(ホールトーン由来)を想定して全てメジャートライアドで(コンスタントストラクチャーの一種)ハーモナイズし、法則に基づいてベース音を作る

 

②しかし実際にはそのベースラインもトップノートもEマイナーキーと関連付けて説明可能なものであり、ゆえにこの曲のイントロとして成立している

 

ということです。この曲はサビがあまりに有名ですが、

メジャートライアドの連続と4度進行→半音→4度進行が組み合わさったイントロもめちゃくちゃカッコいいですね。

流石は20年以上経っても枯れない名曲です。