いきいき音楽科

アメリカ在住音楽家いきくんの発信基地。ジャズを中心に、音楽理論、作編曲、アニソン、音楽哲学まで幅広く惜しみなく情報をシェアしています。

【どっちが平行?】長調・短調、言語の違いは面白いという話

お疲れ様です! いきくんです。

今回は音楽理論に関するお話ですが、面白いポイントはそこじゃないので専門用語少なめで頑張ります!

 

長調とは

「長調」「短調」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

今回は詳しい説明は省きますが、特定の1音が中心となるように選ばれた(一般的に7つの)音のグループが「調」です。

 

長調」は、明るい感じのする調のことです。

そして、「調」は音階(スケール)の形で説明されることが多いです。

 

(もちろん、「明るい」は便宜上の表現です。人それぞれの感じ方があっていいと思います。)

 

たとえば、「ド」を中心とした明るい調は、

ハ長調(Cメジャーキー)です。

 

f:id:iki2kun:20190404120425p:plain

 

「ドレミファソラシド」という音階(Cメジャースケール)からなる調が、ハ長調ということですね。

 

(イタリア語)=(日本語)=(英語)です。)

 

関係する2つの短調

短調」は、暗い感じのする調のことです。

 

先ほどのハ長調を基準にして考えてみましょう。

この時、ハ長調と関係のある「短調」は2つあります。

 

平行調

ひとつは、「ドレミファソラシド」を「ラ」から始めたものです。

 

イ短調(Aマイナー)

 

f:id:iki2kun:20190404120731p:plain

(イタリア語)=(日本語)=(英語))

 

この「ラシドレミファソラ」という音階が、「ラ」を中心とした短調の音階(Aマイナースケール)です。

 

 

ハ長調(Cメジャー)から見て、イ短調(Aマイナー)は「平行短調」と言います。

逆に、イ短調から見てハ長調は「平行長調」です。

 

このような関係を日本語では「平行調」と呼んでいます。

 

f:id:iki2kun:20190404121142p:plain

 

同主調

もうひとつは、「ドレミファソラシド」の、3、6、7番目を半音下げるという考え方です。

 

ハ短調(Cマイナー)

f:id:iki2kun:20190404121338p:plain

 

このように、長調の3、6、7番目を半音下げたものは、同じ音を中心(主音)とした短調になるわけです。

 

ハ長調(Cメジャー)から見て、ハ短調(Cマイナー)は「同主短調」と言います。

逆に、ハ短調から見てハ長調は「同主長調」です。

 

このような関係を日本語では「同主調」と呼んでいます。

f:id:iki2kun:20190404121636p:plain

 

平行調と同主調の英語版

さて、ここからが本題です。

皆さんは、「平行」を英語でなんというかご存知ですか?

 

そうです。「パラレル」です。

 

「パラレルワールド」とか「パラリンピック」という言葉で有名ですよね。

 

ところが、先ほどの「平行調」と「同主調」を英語にするとこうなるのです。

 

★ハ長調(Cメジャー)

→平行短調=リレイティブマイナー:イ短調(Aマイナー)

→同主短調=パラレルマイナー:ハ短調(Cマイナー)

 

「平行調」=「リレイティブキー」、「同主調」=「パラレルキー」です。

 

ぎ、逆ぅ!

 

言語の違いとイメージの違い

「ドレミファソラシド」に対して、平行の関係にある音階が「ラシドレミファソラ」というのは、日本語ネイティブの僕らからすると「まあそうだよな」って感じなんですが、

 

英語ネイティブからすると、「ドレミファソラシド」の平行は「ドレミ♭ファソラ♭シ♭ド」なんですね。

f:id:iki2kun:20190404124935p:plain

 

どちらが正しいとかではなく、言語の違いは脳内イメージの違いなんだなあ、というのが面白いポイントです。

 

これは僕の考えですが、

「ハ長調」と「イ短調」の関係を平行と捉えるのは、音楽を物理的・構造的に見ている感じがして、

「ハ長調」と「ハ短調」の関係を平行と捉えるのは、音楽を意味や文脈で見ている感じがします。

 

音楽にはそのどちらもの側面がありますから、言語によって平行の意味が変わるのも頷けます。

 

(なお、英語圏の呼び方のほうが理に適っているとか、最初に訳した人の問題という主張もありますが、僕としては、いずれにしても面白いと思っています。)

 

おまけ

ここからは余談ということで専門用語バリバリで行きます。

 

英語で「平行調」は「リレイティブマイナー」になるわけです。

そして、Major Modes(日本語で何て言うの?)は「リレイティブモード」なので、しっくりくるわけですが、

日本式の考え方だとMajor Modesは全部平行モードってことになるのでしょうか?

 

リレイティブモードやパラレルモードという言葉は使いますが、「平行旋法」や「同主旋法」(あるいは「関係旋法」)という言葉は聞いたことがないです(笑)

 

僕はポピュラーもクラシックも、和声をアメリカの音大で勉強した人間なので、いわゆる芸大和声とは微妙に違ったり、日本語訳を知らない部分があります。

(かぶれてるわけじゃないです、マジなんです!)

 

詳しい人教えてー!

 

それと、近親調の日本語訳って結構微妙だったりしますよね。「サブ」が「下」か……みたいな。

これは今度記事にしようかな。

 

ということで、今回はここまでです!