いきいき音楽科

アメリカ在住音楽家いきくんの発信基地。ジャズを中心に、音楽理論、作編曲、アニソン、音楽哲学まで幅広く惜しみなく情報をシェアしています。

劇的に耳が良くなる相対音感トレーニングを教えます

お疲れ様です! いきくんです。

今回の記事は、以前のニコ生「劇的に耳が良くなる相対音感トレーニング」のまとめです。

 

相対音感の必要性

例えば、音を鳴らされたとき、「ドだねー」「ソだねー(カーリング女子風)」

と、一発で答えられる人は絶対音感の持ち主です。

 

ですが、実際に曲を聞くとき「音の名前」が分かればその曲が理解できるのかというと、そうではありません。

西洋音楽には調性があって、和声は機能を持っています。

 

たとえば「Cメジャーキーの曲」で「F」というコードが鳴っているとき、「ファ、ラ、ド」が鳴っているとうことが一発で分かる絶対音感は、たしかに便利です。

 

ただ、どちらかというと「今、キーの中心(重心)から4度離れたところにいるな」とか「サブドミナントのはたらきが聞こえるな」とか、そういうことが分かる方が曲を理解するうえでは重要です。

 

相対音感は誰でも身につく

そしてこの能力は、「実際に聞こえる響き」に名前を付けて覚えていくだけなので、

僕たちが普段、曲を「タイトル」で認識して、区別しているのと本質的には同じです。

 

「これは大石昌良さんの「ようこそジャパリパークへ」だ」とか、「これは田中秀和さんの「灼熱スイッチ」だ」と区別できる人であれば、誰でも後天的に身に着けることが出来ます。

 

トレーニングの準備

それでは本題です。

まず、鍵盤楽器や鍵盤アプリを準備しましょう。

 

次に、聞こえた音と「同じ高さの音を歌う」ことが出来るか確認しましょう。

「ド」の音を弾いて、同じ音を歌ってみてください。

もちろん、自分が声を出しやすい音域の「ド」でいいですよ。

f:id:iki2kun:20190327072330p:plain

 

この段階でつまずく人は、ほとんどの場合「合っているかどうか自信がない」か「合わせにいく自信がない」だけです。

一度歌が得意な友達に手伝ってもらって、「合っている状態」が分かれば難なく次に進めると思います。

 

トレーニング開始

このトレーニングは7つのSTEPに分かれていますが、少し変則的です。

STEP1とSTEP2を練習した後は、1と2が入れ替わります。つまり、STEP2がSTEP1に、STEP1がSTEP2になります。

その後は順当にSTEP7まで進んでいきます。

 

スマホに鍵盤アプリを入れておけば、ちょっとした空き時間で出来るトレーニングなので、是非試して頂きたいです。

もちろん、最初はSTEP1と2だけ、とかから始めて、少しずつ進んでいけば大丈夫です。

 

……なんかこのサクッと本題に入らない書き方、怪しいセールスみたいになってますね(笑)

別に、このトレーニング方法に料金をつけて売るつもりはないです。無料です。

 

 

で、なんでサクッと本題に入らなかったかというと、ここから先は実践編なので、文字では限界があるからです。

今回紹介した相対音感トレーニングの内容はYouTubeに動画をアップしましたので、是非そちらをご覧ください。

 

もちろん無料ですし、今のところチャンネル収益化もしていないので僕の手元には一銭も入りません。というわけで、せめてチャンネル登録だけでもして頂けると嬉しいです(露骨)。

 

動画はコチラ!

www.youtube.com

 

音楽のお話に興味のある方は「いきいき音楽科」の、

YouTubeチャンネル

www.youtube.com

ニコニコミュニティ

com.nicovideo.jp

チャンネル登録&フォローよろしくね!